八十八の手間

米作りは、大変手間がかかるとの事で、八十八の手間から「米」

という漢字が出来たと聞いております。

現代は、機械化が進みトラクター、田植え機、コンバインなどが普及し

稲作に掛かる手間は大きく削減されました。
しかし、水温管理や雑草や病害虫の被害など、自然条件を見ながら

管理していく必要があります。

ITを活用し、経験と勘の根拠を分析していく必要がありそうです。

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    ▲ このページの先頭へ